Gravisの教室一覧

チアダンスの「ポンポン」

2020年3月24日

ダンス豆知識

今回は、これまでご紹介してきたチアダンスの「ポンポン」に関するまとめの記事を書いていきたいと思います!
皆さんは、”チアダンス”と聞いた時どんなものを思い浮かべますか!?

「チアダンス」習ってるんです!と聞いた時、ほどんどの人は「ポンポン(ボンボン)をもってチアユニフォームを着て踊っている子」とこんなイメージを持つのではないでしょうか??

チアダンスは、チアリーディングの中のダンス部分を独立させた競技です。
競技においては約2分半の時間内でポンダンス・ラインダンス・ヒップホップダンス・ジャズダンスを組み合わせて振付けを構成し、チームとしての一体感や表現力などを競い合います。
競技者の笑顔や迫力ある演技によって観るものを元気付け、また競技者自身も元気になれるスポーツです。
チアダンスについて詳しく知りたい方は、→チアダンスとはをご覧ください。

ポンダンス・ラインダンス・ヒップホップダンス・ジャズダンスの4つのジャンルのなかでも一番わかりやすく、幼児から始められるジャンルが「ポンダンス」
ポンダンスにおいて、ポンポンはとても重要なキーポイントとなってきます。

今回は、そんなチアダンスの「ポンポン」についてを一気にご紹介!

ポンポンの種類を教えて!

スズランテープのポンポン

みなさんが一番に思いつくのは、運動会のダンスなどで使用した、いわゆる『ビニールテープを割いて作ったボンボン』ではないでしょうか?

細く割いたビニールテープがシャンシャンと音がなり、ふわふわと見えるのが特徴的です。

スターポンポン

Gravisでも愛用している、こちらのポンポン!
これはスターポンポンです。サイズが選べて、小さいポンポン、大きいポンポンがあります。

実はこのポンポン、こんな状態で送られてきます。

自分たちで、ポンポンを開いて作っているんですね!!

チアポンポン(ヴィーナスポンポン)


このポンポンは開いた状態で送られてきます!
ポンポンの持ち手がダンベルのようになっていて、キラキラテープの数も比較的多いため、スターポンポンに比べると少し重たいのが特徴です。
ただ、1枚ずつがしっかり固定されているのと、使っているフィルムの枚数が多いので、比較的長持ちします!
小さめのポンポンは、アームモーションがシャープに見えて、大会チームなどは小さめのポンポンで出場するチームが多いです。
Gravisでは大会チームは、このポンポンを使用しています。

ポンポンはどこで買えるの!?

POMCHE

晃和株式会社
オリジナルのポンポンにはいくつか種類があります。
すでにポンポンの形になっていてセンターグリップという持ち手のあるタイプのヴィーナスポン
沢山の光沢のあるテープを割いて丸く形を作ったSTARポンポン
マットなカラーのCHEERポンポン
ネオンカラーオンリーのNEONポンポン
ダイヤのようなキラキラしたカラーで組み合わせたSPECIALポンポン
などを販売しています。

実は、ポンポンにはレンタルもあります!
レンタルポンポンはこちら
何日間のレンタルかによって、金額が異なるのと、レンタルはヴィーナスポンだけですので、ご注意ください!

チアポン

完全オーダーメイドのポンポンを販売しています!
こちらも販売している、ポンポンに種類があります!
メタリックカラーのテープのみでオーダーしたオールメタコース
プラスチックなどの色んな素材のテープを組み合わせて選べるレギュラーコース
ダイヤなどのキラキラが増すホログラムを1種類追加できるホロミックスコース
制限なしで好きな種類のテープが選べるオールホロコース
テープの種類や、組み合わせ方によって値段が異なります。
基本的にはカット品のみの販売で、ロールテープだけも購入できます。

ただ、ロールテープを買って自分で作ると、大幅なコストカットができますが、完成度や作成にかかる時間からするとカット品をおすすめします!チアポンは9個以上からのご注文となりますので、1個だけ購入したい場合は、POMCHEが良いのではないでしょうか?

楽天市場

楽天市場にも、完成品のポンポンがいくつか販売されています!なんか安い気がする…何がちがうの??
持ち手が独特です!
というのも、2本指を引っ掛けるタイプなのです。
チアダンスを踊る人にとってはフィストが握れず、少しだけ持ちづらさがあるかもしれません。
ただ、余興やイベントでポンポンがあって華やかにしたい!という目的であれば、1つから注文できて、気軽さは抜群…!目的に合わせて、購入してみるのも良いと思います。
※お子様の習い事の練習用であれば、このタイプの持ち手はあまりおすすめしません。
また、最近は違う持ち手のものも楽天市場で購入できるようです!

ポンポンの購入先を画像も見て確認した方は、イベントや余興でポンポンを使いたいをご覧ください!

ポンポンの開き方

上記で説明した、スターポンポンの開き方を紹介します!

持ち手を作る

では早速開いていきましょう!
一番最初に、持ち手になる部分を作ります!
中央の留め具から3cmくらいずつビニールテープを、きつめに巻いていきます。
この部分を「フィスト」で握ることがシャープなアームモーションを見せるキーポイントにもなるのです!

1枚ずつ割いて開く

続いて、ポンポンを開いていきます。
まずは、端の1枚ずつを開きます。
2枚目以降はねじりながら、色や形のバランスを見て、1枚ずつ開いていきます!
面倒くさがらず、1枚1枚丁寧に開くようにしましょう!
キレイな丸になるように整えて、完成!!

動画で確認しよう!

文章では、わからないよ・・・という方、
ポンポンの開き方はこちらです!

【関連記事】チアダンス「ポンポンの作り方」

ポンポンを手作りする方法

小さいサイズ、通称「ミニポン」を手作りする方法をご紹介します。

用意するもの

ポンロール、ビニールテープ、はさみ、土台となる台紙

台紙は、本や段ボールなどお好みのサイズを使っても良いですし、写真のようなバインダーのでも大丈夫です!
ポンロールは、東急ハンズさんや、インターネットで購入可能です。
色んな色があるので組み合わせるのもOK!!
ビニールテープは100均にも売っているので、ロールの色に合わせてお好きな色をチョイスしてくださいね♪
(セロテープや養生テープなどは緩みやすいのでビニールテープをお勧めします!)

作り方

①まず、テープの端っこを土台に当てます。(マスキングテープなどで止めてもやりやすいですよ。)

②ひたすら巻きます!!
ロールをグルグルするか、厚紙をグルグルするかはあなた次第!(笑)
巻く回数を数えておきましょう。これは12回巻いています。

③巻終わったら端っこでカットします。
ここでばらけないように要注意です!

④この輪が崩れないように台紙を抜き、真ん中を固定します。
3回くらい折り、芯を作ってあげるのがコツです。ビニールテープをグルグル巻いていきましょう。
手に持たない時はホッチキスで止めたり、厚みによっては結束バンドでも良いですね。

⑤芯ができたら、輪になっているところをカットします。
断面がガタガタにならないように優しくカットしましょう。

これでカット仕上げと同じ状態になりました!
あとは、「ポンポンの作り方」のようにバランスを見ながら丁寧に開いていきます。

手のひらサイズの可愛いポンポンが出来上がります!

画像を見ながら、ミニポンポンを作りたい方は、手作りdeポンポンをご覧ください。

ポンポンの持ち運び方法

スプリングフック

Gravisの子供たちの多数は、バックにポンポンは入れず、画像の様なスプリングフックを使い持ち運びをしています。


スプリングフックは、100円ショップなどでも手に入れる事が出来ます。
ノーマルな形の物だけでなく、ハートや星など様々なな形もあります。
リュックにスプリングフックを付け、フックにポンポンに付いている持ち手を引っ掛けます!ポンポンがバックの中で潰れてしまう心配もなく、バックへ付けることで大きなチャーム感覚で持ち運びをする事ができます!


取り外しも簡単なので、幼児でも安心です。

ポンポンホルダー

また、今ではポンポンの持ち運びのみに使用するポンポンホルダーもあるんです!

Gravisの子供たちも使用しているPOMCHE(ポムシェ)さんのポンポンホルダーです。可愛い模様のついたストラップがついて、バックにつけたり首や肩にかけて持ち歩きます!

【おまけ】ポンポンを生かしたパフォーマンス「ポン文字」

ポン文字は、主に応援で使用することが多いです。
複数名で両手のポンポンを使って、文字の形にすることを「ポン文字」といいます。


こちらは、Reginaが応援する、「Y.S.C.C.横浜フットサル」の公式試合での応援に向けた、victoryの「V」を表す文字です

前から見てしっかりと文字が見えるように、縦横の列を合わせて並びます。
文字はときにローマ字だったり、ひらがな、カタカナ、高度な時は絵文字や漢字へ挑戦するときもあります!
予想していなかった文字が上手に見えた時は、観客のみなさんからの歓声が上がったり、盛り上がること間違いなしです!!
今度、イベントや試合で「ポン文字」を見かける機会があったら、次は一緒に掛け声をかけてみてください!
盛り上がること、間違いなしです!

ポン文字について詳しく知りたい方は、ポンポンを使ったパフォーマンス「ポン文字」をご覧ください。

 

ポンポンについて、実はいろいろと種類があったり、使い道があったり、、調べていくと沢山ありますね!!

チアダンスにおいて「ポンポン」はとっても大切なもの。大事にして長く使って行きましょう!

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎080-9452-4152
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

お問い合わせはこちらから!

-ダンス豆知識
-, , , , ,

<一つ前の記事>
Regina Private(2020-03-23)
<一つ後の記事>
「チアダンス情報」を調べるならココ!!

  1. […] ポンポンについて詳しく知りたい方は、チアダンスの「ポンポン」の記事をご覧ください。 […]

  2. […] ポンポンについて詳しく知りたい方は、チアダンスの「ポンポン」をご覧ください。 […]

同じカテゴリの記事

習い事としてのダンス市場規模と町田におけるダンススクール

2018/07/26   ダンス豆知識

ダンスが必修化になってから早くも5年以上が過ぎ...>続きを読む

作品つくりを始める前に考えていること

2019/02/26   ダンス豆知識

ダンスの先生はどうやって振り付けを考えている...>続きを読む

チアダンスの「ポンポン」の持ち運び方

以前ブログにて紹介したポンポンの種類! チアダ...>続きを読む

チアダンス テクニック(技)をご紹介!

2019/09/18   ダンス豆知識

チアダンスの演技を一層華やかにしてくれるのは...>続きを読む

子供向けダンスの種類

2019/07/01   ダンス豆知識

近年では、子供の習いたい習い事ランキングベス...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.