チアダンスってどのくらいお金がかかるの?

2019年6月10日

スタッフ レッスン

新生活がスタートし、少し落ち着きも見えてくる頃ですね。
きっかけに何か新しいことを始めてみたい!とお考えの皆様も多いのではないでしょうか。

Gravisにもたくさんの体験レッスンやご見学のお問い合わせを頂いております。

お越しいただいた理由をお伺いしてみると、
・「チアダンス」をやってみたかった!
・体を動かす習いごとをさせたかった!
・お友だちの姿を見てやりたくなった!
など理由は様々です。

では、実際に体験レッスンへお越しいただいた際によくあるご質問の一つ、
「チアダンスって、どのくらいお金がかかるのですか?」
についてお話したいと思います。

お子様の習い事、
お教室やスクールなど呼び方は様々ですが、
個人の先生が行なっているレッスンや、
会社が運営するダンススクールのレッスン、
大手スポーツクラブなどのキッズクラスなど、形態は様々あります。

Gravisは、株式会社Gravisがダンススクールを運営しております。
通っていただくシステムとしては、
所属するクラスを決めていただき、そのクラスに継続してレッスンにご参加いただくスタイルとなります。
ご自宅に近いスタジオや、スケジュールやご年齢にあったクラスで、体験レッスンをご受講いただき、継続的にレッスン受講をご希望の方にご入会いただいております。

体験レッスンは、現在、初回限定1,000円でご受講いただけます。
実際のクラスにお越しいただき、レッスンに参加していただきます。

ご入会後にかかる費用は、
レッスン受講料、衣装(ユニフォーム)代、イベント・発表会参加費などとなります。
各項目ごとにまとめてみますね。

【レッスン受講料】
・全国共通入会金:5,000円
(キャンペーンにより変動)
・レッスン料
拠点により異なりますので、各クラス案内をご覧ください。
お支払いシステムは下記の通りです。
▷お月謝:月額一定料金をお支払い。
▷1レッスン:レッスンごとの都度払い。
月途中でのご入会時等に適応できます。
▷非会員1レッスン:ご入会されていない方がレッスンを受けられる場合の金額です。一度でも体験レッスンを受講された方などが2回目のご受講を希望される場合なども、こちらの料金が適応となります。

【衣装代】
イベントや発表会などに出演する場合、またクラス内発表会などがあった場合なども指定の衣装をご購入いただき、着用します。
ご年齢やクラスによっても異なります。
・ポンポン:1組1,500円程度
チアダンスクラスは、必ずポンポンをご購入いただいております。
たくさん練習すればするほど小さくなってきますので、1年を目安に新しいものに変えています。たくさんの色があるので楽しみの一つですね!
実はポンポンには色以外にも種類があります。
今の生徒さんたちに使っていただいているポンポンは、ポンポンの開き方にあるように、ご自分で開いて使っていただくスタイルです。一枚ずつの幅もあり、少ない枚数でも球体になりますね!
Reginaや、フィールドでの応援チアリーダーなどが使う大きめのポンポンは「ヴィーナスポン」と呼ばれています。
こちらは片手で1,500円〜4,000円くらいとなります。一枚ずつが細めで長さや大きさ、重さも変わってきます。

・幼児チアダンスクラス衣装:5〜6,000円程度
▷オリジナルTシャツ
▷スカッツ(スカートとキュロットが一緒になったもの)
▷オリジナルリボン

・小学生以上のチアダンスクラス衣装(ユニフォーム):15,000円〜25,000円程度
▷オリジナルユニフォーム(トップス、スカート、インナーパンツ)
▷オリジナルリボン

・HIPHOPやJAZZクラスは、作品によっても衣装が変わってきます。
現在の衣装は、5,000円前後となっています。
ダンスを踊る、表現の一つとして、「衣装」とても大切ですね。

・シューズ代
その他に大切なのは、シューズです!!
チアダンスやジャズクラスは、
最初は学校などでも使う、上履きで大丈夫です。スニーカーと比べても、ソールが柔らかく足首もしっかり動きます!

少し動きに慣れてきたら、
バレエシューズやジャズシューズでより足先の動きを丁寧に、かつ美しく見せられるように練習します。
バレエシューズは1,500円くらい〜
ジャズシューズも4,000円くらい〜
購入できます。
素材も様々ありますので、ピンキリです(笑)

ヒップホップクラスは、室内用スニーカーをご用意ください!
こちらは指定はございませんので、室内用のスニーカーを各自ご用意頂いています。
選ぶポイントは、
ハイカット過ぎたり、重いものは踊り辛くなるので要注意です!
最近流行り?のピカピカ光るスニーカーも衣装としてはあまり適してないです(笑)
先生たちの足元にご注目ですね!

【イベント・発表会参加費】
普段のレッスンの成果を発揮するための場所、「発表会」
どのくらいお金がかかるのか気になるところですよね。
Gravisでは、自社主催のイベントや地域のイベントへの出演や、年に一度の発表会を「目標」として、その本番日に向かって練習を重ねていきます。
ダンスという表現は、練習の積み重ねももちろん大切ですが、「発表する」ことでより磨きがかかり、自信につながります。
その成功体験を大切にしてもらいたいからこそ、出演をお勧めしているのです。
やむを得ない事情で、どうしても本番が出られなかったとしても、そこまでの努力は絶対に裏切らないですので、みんな一丸となって頑張れるのです。
特にチアダンスは、団体競技なので、チームで力をあわせることがとっても大切だったりします。

では実際にどのくらいお金がかかるのか・・・

・地域のイベントなどへの出演費は、無料〜3,000円程度です。
イベントの規模や出演者数によっても異なります。
こちらは、レッスン内でリハーサル(練習)を重ね、本番当日を迎えることが多いです。
衣装代は別となりますが、年間を通して着用できるもので出演しますので、継続的に使えるものを使用します。
他には、、イベントによっては、観覧用のチケット代がかかるものもありますね。

・年に一度の発表会への参加費は、15,000円程度〜となっています。
参加費の他に、チケット代がかかります。
衣装は、年間を通して着用しているので、タイミングにもよりますが、かからないことがほとんどです。
こちらも舞台の規模や出演者数によって大きく変わってきます。
また、参加曲数によっても異なります。
こちらは、レッスン内でのリハーサル(練習)の他に、
出演者全員が集まる「通し稽古」や、前日に実際の舞台上で行う「場当たり」「ゲネプロ」などがあり、本番公演数も1回ではなく何度か行います。

・・・なぜ、何度もリハーサルを重ねるのか?
舞台を作るには、出演者が踊るだけではなく、照明さん、音響さん、舞台スタッフさんなど、たくさんの方が関わってくださっています。
特に一つの作品(ダンス)は、その振付だけでなく、音楽を流すタイミングや、場面ごとに変わる照明、映像とのバランスなど、いろいろな要素が合わさって、初めて一つの作品が完成するのです。
その作品が30個(30曲)あったらどうでしょう?
スタッフさんも本気で舞台を作り上げてくださっているので、何度も何度も練習が必要になるのです。

イベントや発表会になぜここまでお金がかかるのかとお思いの方も多いと思いますが、
会場や機材を借りる、照明や音響を使う、などなどそこにかかるお金は正直莫大です・・・笑

でも、妥協はしたくない!!ホンモノの舞台、感動を呼ぶ舞台は時間もお金もかかるのですね。

余談ですが・・・
私が子供の頃の発表会は参加費うん万円、衣装代うん万円+自分(親)が作る、チケット代はもらわないで基本みんな招待、、、みたいなイメージでした。
どこか旅行行けそうなレベルですよね。
特にバレエの発表会は、衣装レンタル代だけでうん十万円とも聞いたことがあります。。
でもそれだけの経験価値があったと今でも思います。感謝感謝です。

はい、とっても長くなりましたが、ここまでお読みいただきありがとうございます!笑

こちらの内容はあくまでGravisダンスクラスでの設定ですので、スタジオによって様々異なります。
また、Gravisの場合は、お支払い時期も重なるものではございませんので、ご安心ください。

気になる点などございましたら、お気軽にお問い合わせください!

同じカテゴリの記事

Gravisのインストラクターがレッスン以外の時間を大切にしている理由

2018/07/26   スタッフ

Gravisでは、現在、色々なプロジェクトを動かして...>続きを読む

「チアダンス」を「習いごと」にするとは?

2018/08/26   スタッフ

習いごととして、「チアダンス」という選択肢があ...>続きを読む

レッスン時間の配分って?

3月突入!出会いと別れの季節ですねー。 学校や...>続きを読む

正しい衣装の着方

2019/07/05   お知らせ スタッフ

Gravis Summer Partyまであと1か月半! 各クラス...>続きを読む

武蔵小杉チアダンス

2019/05/14   レッスン

2019年5月7日から、 武蔵小杉のスタジオプエルタ...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.