Gravisの教室一覧

ダンスシューズを詳しく解説!【現役ダンサーが選ぶジャンル別ダンスシューズ】

2019年8月26日

ダンス豆知識

ダンス用のシューズをお探しのみなさん、こんにちは!

今回は、現役ダンサー目線でダンスシューズをジャンル別に詳しく解説していきます。

また、キッズ向けのダンスシューズの選び方や、おすすめのキッズダンスシューズブランドもあわせてご紹介します。

Jazz Dance編 ~ジャズシューズについて~

私は子どもの頃からダンスを習っていますが、当初からずっと「BLOCH(ブロック)」「Chacott(チャコット)」のジャズシューズを履いています。

両ブランドとも、足首の部分のデザインがハイカット・ローカットの2種類あるので、自分の好きなタイプを選択できます。

カラー

色は、おもに黒とベージュがあります。

発表会やイベント、ダンスの大会などで踊る場合、衣装や作品のイメージによってシューズの色を指定されることもあるので、2色とも持っているという方も多いです。

キッズダンスでは、ベージュを使用していることを多く見かけます。

デザイン

足の甲の部分に、ヒモがあるタイプとないタイプがあります。

ヒモがないタイプは「サイドゴアシューズ」と呼ばれているジャズシューズです。

また、冒頭でも触れましたが、足首部分のデザインは、大きくわけるとハイカットとローカットがあります。

ハイカットは、足首が固められすぎて動きづらいと感じる方もいます。

そして、ソール(シューズの裏)の素材の違い(ゴム製や革製など)、かかとの高さも若干異なります。

履いた感覚の好みもあると思いますで、一度さまざまなタイプを試し履きしてみることをオススメします。

大人にも子供にも履きやすいデザインです。

値段

私がずっと愛用している2つのブランドを例にご紹介します。

BLOCH → 約6,000円

Chacott → 約9,000円

もっと安いものがいい!という方は、Amazon楽天で調べるとたくさん出てきます。

しかし、安いものは素材があまり良くなかったり、すぐに穴が開いてしまったりします。

そして、なにより怪我につながるので、信頼のおけるダンス用品ブランドでの購入をオススメします。

⇒オススメのダンスシューズブランドをさらに詳しく知りたい方は、キッズダンスシューズ(靴)おすすめブランドを紹介!記事もあわせてご覧ください。

キッズサイズもあるの?

現在、調べた中では、16.5センチが一番小さいサイズでした。

また、キッズダンスでは、バレエシューズで代用することもできます。

◆Chacottのバレエシューズ例◆

サイズ:16.0~21.5cm
色: ブラック・ホワイト・ロイヤルピンク・ヨーロピアンピンク
価格: 約2,300円

一番最初にご紹介した「サイドゴアシューズ」は、チアダンスにも適していて、Gravisの生徒たちも実際にこのシューズを履いて踊っています。

HIPHOP編 ~ダンススニーカーについて~

HIPHOPのダンスシューズは、講師やスタジオから指定がない限り、基本的に「自由」です。

そのため、選ぶのも迷ってしまいませんか?

ダンスシューズは、やはりほかの人と被らず、カッコいいものが気分もあがりますよね。

しかし、デザインだけで選んでしまうと、履きづらい、滑る、足が思うように動かせない・・・というように、あまりダンスには向いていないものもあります。

ダンスインストラクターの私がダンスシューズとして最もオススメするのは、「NIKE」です。

ほかには、「adidas」「CONVERSE」「VANS」「PUMA」などもあります。

とはいっても、一つのブランドの中でも種類がたくさんあり、形もかなり異なります。

どのような形のシューズが合うかは、足の形も人それぞれなので、これが合っていますとは断言できませんが、ダンス歴10年以上の私が、いままでさまざまなシューズを履いてきた中で、これは踊りやすい!と思ったシューズをご紹介します。

HIPHOPにおすすめのダンススニーカー

さっそくですが、私は、NIKEの「NIKE AIR」という種類のシューズが踊りやすいと感じています。

「NIKE AIR」ってなに?と思う方もいると思うので、簡単に説明すると、靴底にエアソールが入った靴のことです。

「NIKE AIR」の中にもたくさん種類があるので、当てはまらないものもありますが、特徴は、柔らかくて軽いことです。

そして、エアがあることで地面からの衝撃を吸収してくれているので、足首や膝が痛くなりにくいなと感じます。

値段も10,000円前後で、丈夫で長く使い続けられるのでオススメです。

私は「NIKE AIR」タイプの中で、形や色を変えてリピート買いしています。

反対に、私があまりダンスには向いていないかもと思ったシューズは、靴底が平らで、硬くて、ハイカットのものです。

このようなタイプの靴は、重くて足が動かしづらいと感じます。

HIPHOPに使うダンススニーカーを選ぶポイント3つ

HIPHOPのダンスシューズを選ぶ際に重要なポイントは、

◆靴全体が柔らかいものがgood!

◆軽いものがgood!

◆実際に履いてみて足が動かしやすいか確認!

以上のポイントをチェックしてみてくださいね。

キッズダンス編

ここからは、子供がダンスを習いはじめたけれど、どのようなシューズを選べば良いのかわからない!というパパ・ママに向けて、子供のシューズを選ぶ際のチェックポイントや、おすすめのブランドをご紹介します。

ダンスを踊るうえで靴はとても重要で、サイズが合わなかったり動きにくかったりしすると、子供の場合はその違和感に気づきにくく怪我につながってしまうこともあります。

お子様のダンスの上達を手助けするためにも、ダンスシューズの選び方のコツをしっかりと押さえておきたいですね。

これはオススメしない!ダンスに不向きなシューズとは

まずはじめに、キッズダンスシューズを選ぶ際に、最も注意していただきたい点をお伝えします。

ダンスに向いていないシューズ、一言でいうと「足が動かしづらいシューズ」です。

では、具体的にはどういったものでしょうか。

それは、アパレルメーカーが販売するデザインを重視したスニーカーや、ヒールがあるタイプのスニーカーなど、靴底がとても厚いタイプのものです。

これらは、踊ることを想定して作られた靴ではないため、当然ですがダンス特有の動きに適応していません。

そのため、足首の捻挫など、怪我につながりやすくなってしまいます。

ダンスに向いているシューズは、少しお値段が張るものもありますが、これからご説明するポイントを踏まえて、スポーツメーカーが出しているシューズから選ぶと安心かと思います。

キッズ向けダンスシューズの選び方

サイズが合っているか

長さや幅が合っていなくてゆるゆるだと、踊ったときにシューズの中で足が滑って、指が痛くなったり脱げてしまったりします。

反対に、きつすぎても足を痛める原因になります。

ついついやってしまいがちなのは、すぐに足のサイズが大きくなることを見越して、大きめのサイズを買ってしまうこと。

しかし、これはNGです。

また、シューズを買ってしばらくしたら、きつくなっていないかこまめに確認するようにもしましょう。

キッズの足は常に成長し続けています。

すぐにサイズアウトしてしまうので、保護者の方は大変だと思いますが、そのときの足にジャストフィットするものを選んであげましょう。

実際で店頭で試し履きして、お子様と話しながら、またサイズが合っているかは靴屋さんのスタッフに確認してもらうのが良いでしょう。

足が自由に動くか

これは人によって感覚が違うので、絶対にこれが良いです!と言い切ることができないのですが、ダンスジャンルや年齢に合わせたものを選ぶようにしましょう。

たとえばHIPHOPなどのダンスジャンルの場合は、子供が怪我するのを防ぐにはハイカットタイプのスニーカーもおすすめです。

しかし、ハイカットは足首をホールドされているので、逆に動きにくいと感じる場合もあります。

また、子供にとっては少し重みがあったり、脱ぎ履きしにくいといったデメリットもあります。

反対にローカットスニーカーは、足首のストレスを感じることなく足を動かせるため、繊細な動きが必要になるポップ、ハウス、ジャズといったダンスにおすすめできます。

しかしこちらは、ハイカットに比べ足首の安定性に欠けるため、足を痛めやすいというデメリットもあります。

クッション性、ソールの厚さは適切か

クッション性によって、地面からの膝やかかと、足首への衝撃負担は大きく異なります。

そのため、成長期のお子様の足への負担を軽減するためには、ソールに厚みがあるタイプがおすすめです。

冒頭でもお伝えしたように、分厚すぎる、ヒールのように斜めになっている、重すぎるソールもケガにつながるので注意が必要ですが、適度な厚さとしっかりしたクッション性があるかもチェックしてみてください。

また、靴底のデザインが、滑りにくいものになっているかどうかも確認すると良いと思います。

実際に履いてみて、その場で足がキュ!と止まるか確認してみましょう。

好きなデザインか

最後は、なんといっても好きなデザインであるかです。

シューズひとつでも、ダンスのモチベーションを上げたり、個性を表現したりできます。

これまでのチェックポイントを考慮したうえで、ぜひお子様の気に入ったシューズを探してみましょう。

キッズ用ダンスシューズのおすすめのブランド ~HIPHOP~

・NIKE(ナイキ)
・adidas(アディダス)
・VANS(バンズ)
・VISION STREET WEAR(ヴィジョンストリートウェア)
・瞬足(しゅんそく)

それぞれのブランドについては、キッズダンスシューズ(靴)おすすめブランドを紹介!に詳しく記載してありますので、あわせてご覧ください。

キッズ用ダンスシューズのおすすめのブランド ~JAZZ・チアダンス~

ジャズダンスやチアダンスには、サイドゴアシューズやジャズシューズというものが適していると思います。

それらを扱うブランドの中でも、とくにおすすめなのが、以下の3ブランドです。

・CAPEZIO(カぺジオ)
・BLOCH(ブロック)
・CHACOTT(チャコット)

こちらも、キッズダンスシューズ(靴)おすすめブランドを紹介!で詳しくご説明していますので、気になった方はご覧ください。

まとめ

今回は、大人向けのダンスシューズから、子供向けのダンスシューズのおすすめをご紹介しました。

最近では、ネットを利用して購入される方も多いかと思いますが、ダンスシューズはとくに試し履きをしてからの購入をオススメします。

ダンス専用のシューズになると、お値段も安いものではないので、実際に試し履きをして自分の足の形に合っているかどうか確認してみてください。

この記事を参考に、ご自分に、またお子様にぴったりのシューズを見つけて、ダンスを楽しんでくださいね!

【関連記事】
キッズダンスシューズ(靴)おすすめブランドを紹介!
チアダンスユニフォームの流行
キッズダンスの練習着は何を着ればいいの?【おすすめウエアまとめ】
キッズダンス習い事でのお悩み

Gravis YouTube チャンネル
Gravis Dance&Fitness – YouTube
チャンネル登録おねがいします☆

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎080-9452-4152
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

Gravisは、東京・神奈川の20拠点以上でチアダンススクールを開講しています♪

お問い合わせはこちらから!

-ダンス豆知識
-, , ,


同じカテゴリの記事

チアダンスは場所を覚えるのが大変!?

2019/12/08   ダンス豆知識

チアリーダーのみなさん、こんにちは! チアダン...>続きを読む

幼児ダンス教室の選び方

2019/06/24   ダンス豆知識

小さい頃の歌っていた歌って今でもよく覚えてい...>続きを読む

DA PUMP『U.S.A』のダンスからダンス業界が見習うべきこと

2018/09/07   ダンス豆知識

今は、ものを作れば、売れる時代ではない。 ダン...>続きを読む

ラインダンス!チアダンスの4つのジャンル〜その4〜

2019/03/27   ダンス豆知識

みなさん、ラインダンスを知っていますか?? チ...>続きを読む

ジャズダンスを習ったことある方へ質問です。

2019/10/07   ダンス豆知識

ジャズダンスを習ったことのある方へ質問です! ...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.