「チアダンス」を「習いごと」にするとは?

2018年8月26日

スタッフ

習いごととして、「チアダンス」という選択肢があります。

その前に「ダンス」の習いごとという大きな枠組みがあって、
その前に「運動系」の習いごとというもっと大きな枠組みがあって、
もっというと、、そもそも、「学校や幼稚園保育園以外の場所で何かを習うこと」という枠組みがあるわけです。

「チアダンス」については、他の記事でじっくり触れるとして、、、

そもそも「学校や幼稚園保育園以外の場所で何かを習うこと=習いごと」が、当たり前の世の中になっていますよね。

たとえば、
塾や家庭教師。
学校の勉強を補うため、受験のため、など理由は様々ながら、放課後も勉強をする。
(私は一度も行ってません、、、(笑))

ピアノ。
音楽的な感覚を養うためにも、音楽を聞いたり、歌ったり、演奏したり、幼少期から習う方も多いですね。右手と左手の違う動きや、リズム感、音感などは養われますね!
(私は体験レッスンで断念し、以来ピアノはずっと憧れのまま。楽譜読めないまま立派に歌は習ってました(笑))

習字。
学校の授業だと週に1回かあるかないか。必ず書き初めの宿題はありましたよね。
毛筆硬筆関係なく、単に字を書くことを習うだけでなく、集中力や表現力も身につくそうです。
(これも私は万年苦手で、毛筆’美文字’にこれまた憧れのまま。ご祝儀袋を書く度に今から習おうかなと思うわけです。)

水泳。
これはもう赤ちゃんの時から親子スイミングなどに通うくらい王道ですね!
人間は浮きますからね。ある程度泳げた方が良いです!!
クロール、平泳ぎ、背泳ぎくらいはマスターさせてたいですね。
(はい、私は泳げません。これも体験レッスンでプールサイドでこけて泣き腫らして終了。海なんてもってのほか。)

体操。
これも幼児体操など習わせる方も多いのではないでしょうか?体育の授業にもありますからね。小さい時(恐怖心のない時)に色んな動きを習得することはとても有効ですね!
(これは習ってました!スキップとでんぐり返しくらいですけど!(笑))

などなどまだまだ色々ありますが、
学校の部活と同じように
習いごとも「文化系」と「運動系」
に分かれますよね。

ピアノや習字は文化系、
水泳や体操は運動系。

「習いごと」というたくさん選択肢の中から、
では「運動系」を選ぶ時、

「ダンス」が選択肢に入ってくるわけですね。

では「ダンス」といっても何があるのか、、、。

これは迷われる方多いです。
学校や幼稚園保育園の運動会なんかでも「ダンス」やりますよね。
テレビの前で一緒に踊ってる、、これも「ダンス」ですね。

でもいざ習いごととなると、、
「バレエ」「ヒップホップ」「ジャズダンス」「タップダンス」などなどなどなど…

?????
なんじゃそりゃってなりますよね。

「ダンス」にも色々種類があるのです。

例えば、水泳関係でいうと、、
「競泳」「シンクロナイスとスイミング」「水球」「飛び込み」?など。
挙げてみると色々ありますよね。

「ダンス」の中の一つに「チアダンス」という選択肢が含まれるわけです。

もっというと、、
「競泳」って息継ぎとか、バタ足とか、けのび?とか、クロールとか、平泳ぎとか、背泳ぎとか、バタフライとかありますよね。
「水泳」っていう習いごとの中にこれだけのことが一気に学べるからスイミングスクールに通えばOK!みたいなところありますよね。
(もちろん特化していくと話は変わります!!)

じゃぁ「チアダンス」となると、、、
リズム遊びや、柔軟体操、ポンダンス、ジャズダンス、ヒップホップ、ラインダンス、、など、
色んなジャンルのダンスを学び、その全てを習得していくのが「チアダンス」となるわけです。
お得ですね〜〜

もちろん水泳と同じように、一気にやるわけではありません。(出来るようになるわけではありません。)

最初のリズム遊びや、体づくり(ストレッチや筋トレ)など基礎をしっかり養いつつ、
ダンスにチャレンジしていくのです。

習いごととしてのチアダンスの場合は、「結果」が全てではないことが大きいかもしれません。

タイムや順位を競うだけでなく、
チャレンジする全員に
「発表」する場があること。

その経験を積み重ねて、成長を遂げていく、実感することができる。
これが大きいかもしれません。

身体の成長、技術の成長に必ずついてくるのが「心の成長」。

子供たちの未来のために「チアダンス」とってもすてきな「習いごと」だと思いませんか。

<一つ前の記事>
ドラマ『チア☆ダン』廃部の危機⁉(2018-08-23)
<一つ後の記事>
ダンスを習うメリット

  1. […] 「チアダンス」を「習いごと」にするとは? には、他の習いごととの比較についても掲載しております! […]

同じカテゴリの記事

新スタジオ〜夢の第一歩〜

Gravisという会社を設立して、2019.8.1で早いも...>続きを読む

GravisスタジオOpen!!!

2019/08/08   イベント スタッフ

2019.7.14はGravisにとって、新たな一歩を踏み出...>続きを読む

あざみ野ってどんな街?をご紹介!

住みたい街に常にランクインしてくる青葉区。 常...>続きを読む

GravisとASVペスカドーラとの習い事としての異なる点

2018/07/31   スタッフ

Gravisの拠点数が多い街「町田市」。 「鶴川」か...>続きを読む

レッスンの学び方

2019/02/25   スタッフ

こんばんは!インストラクターのYURIです。 最近...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.