Gravisの教室一覧

Gravisと町田ゼルビア(NPO法人アスレチッククラブ町田)のスクールとしての違い

2018年8月3日

レッスン

スポーツが盛んな市、町田市。本当にそうなのでしょうか・・?
実は、行政も「スポーツで町田を1つにする」とスローガンを挙げて様々な取り組みをしています。

少年・少女から大人までスポーツが盛んな?町田には、”3つ”のプロスポーツチームが存在します。

40万人規模の街に3つのプロスポーツチーム。どこを応援するか迷ってしまいますね。

1つ目は、FC町田ゼルビア(サッカー)。
現在J2に所属しています。

2つ目は、ASVペスカドーラ町田(フットサル)。
こちらは、フットサルF1リーグに所属しています。全国トップレベルの実力があります。
ちなみに、Gravis(グラヴィス)がプロデュースしているRegina(社会人チーム)は現在F2リーグ所属です
(2018年よりYSCC横浜フットサルの公式チアリーダーとして活動中)。

そして、キャノンイーグルス(ラグビー)。

これらのチームは、町田市を拠点として活動するホームタウンチームとしてプロモーション活動などを通して、スポーツによるまちづくりを行っています。

スポーツが盛んな街であるためか?(それは関係ないか)チアダンス/チアリーディングも市内には複数存在します。
詳細はこちら

HP情報等がある団体(チーム)をざっと数えるだけで約10団体。

これだけ点在していると、それぞれ何が違うか、わからなくなりますね…。

今回は、プロスポーツチームが直接関わっている(チーム名に記載されている) 町田ゼルビアチアリーディングとプロスポーツチームを持っていないGravisのような団体を比較してみたいと思います。
同じようにかなり異なるというのが、業界内にいる人間からみても言えることです。
どこが良い/悪いということでなく、お客さんからみたときに、目的と合うところ、合致しているところを選ぶべきかと思います。

では、どんな視点でみればいいのか?と例えば、
・方針、考え方、価値観
・ジャンル
・成長を確認できる機会【発表会や試合等】
・講師陣【個人の場合も多い】
・講師陣の講師としての実績【選手時代だけでなくがポイント】
・レッスン料【高い/安いから良い/悪いではない】
・既存会員の様子【今後一緒に習っていく人達ですので大切です】
などなど

では具体的に、比較してみましょう。

プロスポーツチームのチアスクール

FC町田ゼルビアスポーツクラブ(NPO法人アスレチッククラブ町田)が運営している「町田ゼルビアチアリーディング」は、『チアリーディング』をメインに行っています。
重要ですね、もう一度、いいます。

【ジャンル】としては、チアリーディングをメインに活動しています。
詳細はこちらのブログ⇒チアダンスとチアリーディングの違いとは何か?

スポーツチームがあるからこその特権でしょうか。

年に2,3回ほどサッカーの試合や試合会場内での【成長を確認できる機会】スポーツ応援・パフォーマンスがあるようです。

また、スポーツチームをもっているチームの場合、競技大会にでることは少ないのですが、町田ゼルビアチアリーディングは、チアリーディングの競技大会への参加もしているとのこと【成長を確認できる機会】、同じチア仲間としては、頑張って欲しいですね。

もちろん、地元町田のイベント出演もしており、Gravis所属のメンバーとも町田市内のイベントでは度々お会いすることも!!

講師陣は、
「ゆっぴぃ」さん、「るりこ」さん。
選手としての実績は記載されていましたが指導実績は記載されていませんでした。

そうです、スポーツチームがあると、スポーツ応援で実際に自分たちが所属しているチームの選手を大観衆の前で応援すること、あるいは学んだことをお披露目することが最大のメリットかもしれません。

プロスポーツクラブでないチアスクール

次に、自社Gravisを事例にプロスポーツクラブを持たないチアスクールをみていきたいと思います。

【ジャンル】
『チアダンス』。同じくだりでもう一度、『チアダンス』ですね。

【成長を確認できる機会】
ゼルビアのスクールとGravisの相違点をみると、専属スポーツチームがないため残念なことに“スポーツ応援”を行う機会がこれまでありませんでした。

これまで、ということは?ということで、これまでは、スポーツ応援よりは、ダンス自体の上達や競技力向上を重点に行っていました。
もっというと、ダンスを通して、何を得られるか??に重点をおいています。
しかしながら、Gravisでも2018年から横浜ではありますが、フットサルプロリーグに所属しているYSCC横浜フットサルの公式チアリーダーにReginaがなったことで、子供たちにもスポーツ応援を体験してもらえる機会ができたのです。Gravisは、ダンスのみを学ぶ場という存在でなく、ダンスを通して得られる様々体験・経験を重要視していますとお伝えしました。その一環として、スポーツ応援の場への積極的な参加も始めました。

Gravisの強みかもしれませんが、「Gravis Dance Performance」(略してGDP)で大観衆の前で踊ることもできます。
GDPとは、Gravisの年1回の会員の皆さんが中心とした大発表会。
ただ、発表会という位置づけを越えて、子供であろうが、ダンスで人に感動を与えることができることから、発表会という言葉を使わずパフォーマンスという言葉を活用しています。ちなみに、2018年度は、700人収容のホールで2公演(1400人)の前で踊ることができます。

【講師陣】
講師陣には自信を持っています。こちら
4名の社員を始め、委託インストラクターも一定の経験・実力を兼ね備えた状態でお客さんの前に立つことができます。
その品質を保証しています。

【講師陣の講師としての実績】
こちら
大学の第一線で教えている講師から、教育事業者との取引も信頼の実績となっています。

ゼルビアとGravisを比較すると、
・【ジャンル】の違い ⇒チアダンスとチアリーディングについては良く調べてから体験してくださいね!
・プロスポーツクラブだと、スポーツ応援の場が確実に用意されている
※一応、Gravisもございますが・・・

プロスポーツクラブも発のチームは、ホームゲームなど踊る場が用意されている点は、強いですね。
一方、プロスポーツクラブ発でない場合は、その柔軟性から様々なスポーツ応援の場で踊る「チャンス」はあるが保証はされていない。そのためか、発表会(Gravisの場合、パフォーマンスと呼んでいる)など成長を確認できる機会が存在する。

そんなところでしょうか。
ジャンルがそもそも異なるので、コンセプトや考え方・講師陣の比較という面ではなかなか判断しにくいですね。

最後に

Gravisの強みを考えみると、
【講師陣】【講師陣の講師としての実績】ここですね。
なんといっても、Gravisのインストラクターは社員雇用がメインです。
また、委託インストラクターも、現場研修を経験した上で、Gravisが品質を保証した人のみ講師としてお願いしています。

ただし、Gravisが本当に良いか?それは、自分達だけで決めることではございません。
どこが良いかは、自分達が判断するものでなく、お客さん自身が決めることです!!!!!

それぞれの目的に合った習い事、スクールへ是非入って頂き、チアリーダーを目指して欲しいものです。

-レッスン
-, , , ,

<一つ前の記事>
チアダンス?チアリーディング?(2018-08-02)
<一つ後の記事>
Gravisのヨガ

  1. […] 、こちらの記事をご覧ください→Gravisと町田ゼルビア(NPO法人アスレチッククラブ町田)のスクールとしての違い […]

同じカテゴリの記事

年末年始のスケジュール

2018/12/28   レッスン

1年間、大変お疲れ様でした! レッスンに通って...>続きを読む

神奈川から通いやすい、Gravis!

2018/10/29   レッスン

東京・神奈川と拠点拡大中のGravisチアダンスクラ...>続きを読む

GravisとASVペスカドーラとの習い事としての異なる点

2018/07/31   レッスン

Gravisの拠点数が多い街「町田市」。 「鶴川」か...>続きを読む

ダンスを習うメリット

2018/08/27   レッスン

そろそろ習い事を始めさせたいと思っている保護者...>続きを読む

女の子に、スポーツ系の習い事を!

2019/07/25   レッスン

我が子に何か「習いごと」をさせよう!と思う親...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.