Gravisの教室一覧

【チアダンス テクニックレッスン】ピルエットのコツ

2019年6月23日

ダンス豆知識

チアリーダーのみなさん、こんにちは!

Gravisのレッスンでも、チアダンスのテクニックは特に丁寧にレッスンしています。

テクニックは、正しく覚えて練習することが怪我の防止にもつながります。

正しいテクニックのやり方をしっかり覚えて、チアダンスの演技に取り入れていきましょう♪

いままで、

チアダンステクニック「2人組ストレッチと美しくキックを上げる練習方法」をシェア【ラインダンス】
チアダンステクニック「シェネターン」のやり方をシェア!
チアダンステクニック【トゥータッチ】動画をシェア!
チアダンステクニック 【ティルトジャンプ】の動画をシェア!
チアダンスのテクニック【スプリットジャンプ】の動画をシェア!!

のテクニックをご紹介してきました☆

今回は、ダブルピルエットの練習法をレッスンしていきます!

チアダンスの大会やイベントに向けて、ダブルピルエットに挑戦しているチアリーダーも多いのではないでしょうか?

いきなり回ろうとするのではなく、基礎からゆっくり練習していくことが大切です。

逆に基礎がしっかり身につけば、3回転、4回転と楽にまわれるようになりますよ!

「ピルエット」とはどんな意味?

まず、「ピルエット」という言葉には、どんな意味があるのでしょう?

「ピルエット」はフランス語で「旋回」という意味です。

バレリーナのように片足で立ってその場で一回転する動きのことです。

バレエでは、難しい用語がたくさんありますが、それぞれに意味があるので、気になったら皆さんも調べてみてくださいね!

バレエ用語が気になった方はバレエ用語集をごらんください♪

ピルエットの練習方法

プレパレーションとは「準備」のことです。

まわる前に、この準備のポイントをマスターしていきましょう。

ポイントは3つ!

練習①プレパレーションの形を正しく

プレパレーションのポイント1 身体を床に対してまっすぐ(垂直)にする

▷前かがみになったり、後ろ体重になりすぎたりしないように、手の位置にも注意。

↑身体が斜めになり、前のめりになってしまっています。

プレパレーションのポイント2 足もまっすぐ(パラレル)で

▷特に、前足のつま先が内側に入ってしまう人が多いので、苦手な人はターンアウト(外に開く)を意識しておこなってみてください。

自分のクセをチェックしましょう!

※チアダンスのピルエットは、パラレルで揃えることが多いです。(ターンアウトのやり方もあります。)

プレパレーションのポイント3 後ろのかかとをしっかりあげる

▷後ろの膝は軽く曲げて、かかとを一番高い位置にあげましょう。

このポイントを守って、毎回毎回正しい形が無意識でもできるように、練習していきます。

床をしっかりと押す!という感覚をつかんでくださいね。

楽しい練習で身につける♪

その場でダッシュして、いきなりストップ!と言われたときに、すばやくブレずにこのプレパレーションの形をとる練習をすると、楽しみながら身につくようになると思います。

プレパレーション(準備)は、どのテクニックにおいてもとても大切なものです。

これによってテクニックの良し悪しが左右されると言ってもいいくらい!

「回る」という技そのものだけに気を取られず、準備から着地までが1つの技だと思って丁寧にやりましょう。

練習②すばやくパッセをする

ピルエットは、プレパレーションで後ろに引いた足をパッセにしてまわります。

パッセとは、この三角形の足の形をさします。

パッセのポイントは2つ!

パッセのポイント1 高くあげる

▷太ももが床と平行になる位置まであげます!

つま先はポイントで反対の足の膝にしっかりとくっつけます。

パッセのポイント2 すばやく形をつくる

▷引いた足が床から離れたと同時に、すぐに正しい形に持ってきて、ルルベアップ(かかとをあげる)しましょう。

軸足の膝が曲がらないように注意します。

パッセの練習方法として、つま先をまっすぐ(パラセル)にして立った状態から

クッペ※(1.2※)→パッセ(3.4)→クッペ(5.6)→パラレルに戻す(7.8)×2セット

パッセ(1.2)→パラレルに戻す(3.4)→パッセ(5.6)→パラレルに戻す(7.8)→パッセ(1.2)→ルルベでキープ(3.4.5.6)→パラレルに戻す(7.8)

パッセをするときに、足を無理矢理上げようとするのではなく、お腹から引き上げるように意識するとうまくできます。

※クッペとは軸足の足首につま先がついた形

※()の中はカウント数

練習③フォーカスの練習

フォーカスとは「首を切る」ことです。

「首を切る」ことが上手になると、3回転、4回転も夢ではありません♪

まず、左足(右パッセの場合)を前にかけて、クロスターンをします。

その時に、ギリギリまで正面に首を残して、体に対して首が前を向けなくなったら一気に首を切って前に戻ります。

イメージは、ポニーテールをしていたら、髪の毛が顔にかかってしまうくらいのスピードを出して首を切ります。

見るところは自分の正面だけです。

友達に前で手を出してもらって目印をつくったり、壁に目印を見つけておくとやりやすいと思います!

そのほかの練習法として、

パッセキープ×1回

4分の1ピルエット×4回

2分の1ピルエット×2回

シングルピルエット×1回

1回半ピルエット×2回

ダブルピルエット×2回

と連続でできるようになると、フォーカスが上手になっていきます。

カウントは、

1.2で右足を横に出し、手をTモーション

3でプレパレーション

4で手をひらいて

5でパッセにして回る

7で体側に着地

という流れで毎回やります。

ポイントは、自分の向きたい方向をすぐに見ること。

特に1回半では、一度後ろを見てそこから1回まわるようにします。

ダブルピルエットも、「2回まわらなきゃ!」ではなく、「シングルピルエットを2回まわる」という気持ちでおこなうと上手くいきやすいです。

応用編

応用編①

着地をハイVに変えてみましょう!

応用編②

ダブルターン、トリプルターン(3回転)に挑戦してみましょう!

応用編③

アームモーションを変えてみましょう!

例えば、Wモーション・ローV・マッスルマン・ダイアゴナルなど。

詳しくは、【チアダンス テクニックピルエットができるようになる!】ターンもこの動画で練習方法も完璧!応用編も習得できる!を参考にしてみてください☆

まとめ

今回はダブルピルエットの練習法のポイントとして、「プレパレーション」「パッセ」「フォーカス」の3つについて詳しくご紹介しました。

安定してまわれるようになったら、まわる時のアームを変えたり、着地をオフバランスにしてみたり、徐々に応用編にもチャレンジしてみてください!

ピルエットが上手になると、フェッテやアラセゴンドもできるようになります。

ひとつずつ丁寧に、確実に、正しくできるようコツコツ努力してレッスンしていきましょう♪

さまざまなテクニックができるようになると、チアダンスがさらに楽しくなりますよ^^

練習方法を動画でチェック!

今回ご紹介したピルエットの練習方法を動画でもチェックしてみましょう!

応用編までチェックできます♪

【関連記事】
チアダンステクニック「2人組ストレッチと美しくキックを上げる練習方法」をシェア【ラインダンス】
チアダンステクニック「シェネターン」のやり方をシェア!
チアダンステクニック【トゥータッチ】動画をシェア!
チアダンステクニック 【ティルトジャンプ】の動画をシェア!
チアダンスのテクニック【スプリットジャンプ】の動画をシェア!!
チアダンス テクニック(技)をご紹介!
トータッチのコツ【チアダンス テクニック】

Gravis YouTube チャンネル
Gravis Dance&Fitness – YouTube
チャンネル登録おねがいします☆

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎080-9452-4152
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

-ダンス豆知識
-, , , , , , ,

<一つ前の記事>
チアダンスの大会(2019-06-21)
<一つ後の記事>
幼児ダンス教室の選び方

同じカテゴリの記事

ジャズダンスとは チアダンスの4つのジャンル〜その3〜

2019/03/19   ダンス豆知識

チアダンス4つのカテゴリー、ポンダンス、ヒッ...>続きを読む

J-POPで真似したダンス

2019/07/09   ダンス豆知識

去年、大流行したDA PUMPさんの 「U.S.A」のダン...>続きを読む

習い事としてのダンス市場規模と町田におけるダンススクール

2018/07/26   ダンス豆知識

ダンスが必修化になってから早くも5年以上が過ぎ...>続きを読む

ジャズダンスを習ったことある方へ質問です。

2019/10/07   ダンス豆知識

ジャズダンスを習ったことのある方へ質問です! ...>続きを読む

ジャズダンスのレッスンに行く前に準備すること、大人でもジャズダンスを始められる?

2020/05/18   ダンス豆知識

ダンスを始めたい。ダンスをやってみたい。 大人...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.