【チアダンス テクニックレッスン】ピルエットのコツ

2019年6月23日

ダンス豆知識 チアダンス

今回はダブルピルエットの練習法を、紹介したいと思います!!!

新しい振りが入って、GSPや大会に向けて、ダブルピルエットに挑戦しているクラスも多いのではないでしょうか?

いきなり回ろうとするのではなく、基礎からゆっくり見つめ直して練習していきましょう。

逆に基礎がしっかりしていれば、3回転、4回転と楽に回れるようになりますよ!

まず、「ピルエット」とはどんな意味があるでしょうか?

「ピルエット」はフランス語でつま先という意味です。バレリーナのように片足で立ってその場で一回転する動きのことです。

バレエでは、難しい用語がたくさんありますが、それぞれに意味があるので、気になったら皆さんも是非調べてみましょう!

ピルエットの練習方法

練習①プレパレーションの形を正しくする。

ポイントは大きく分けて3つ!

1、身体をまっすぐにする。

▷前かがみになったり、後ろになりすぎたりしないように!手の位置にも注意。

2、足はまっすぐ(パラレル)で。

▷特に、前足が中に入ってしまう人が多いので、苦手な人はターンアウト(外に開く)を意識して行ってみてください!

3、後ろのかかとをしっかりあげる。

▷後ろの膝は軽く曲げて、かかとを一番高い位置にあげましょう!

このポイントを守って、毎回毎回正しい形が無意識でできるように、練習していきます。

その場でダッシュをして、いきなりストップと言われた時に、すばやくブレずにプレパレーションの形に着く練習をすると、楽しみながら身につくようになると思います!

プレパレーション(準備)は、どのテクニックにおいてもとても大切なものです。これによってテクニックの良し悪しが左右されると言ってもいいくらいです!

「回る」という技そのものだけに気を取られず、準備から着地まで、1つの技だと思って丁寧にやりましょう。

練習②パッセの形にすばやく

ピルエットは、プレパレーションで後ろに引いた足をパッセにして回ります。

パッセのポイントは2つ!

1、高くあげる

▷太ももが床と平行になる位置まであげます!つま先はポイントで反対の足の膝にしっかりとくっつけます。

2、すばやく形になる

▷引いた足が床から離れたと同時にすぐに正しい形に持ってきて、ルルベアップ(かかとをあげる)しましょう!軸足が曲がらないように注意します。

パッセの練習方法として、つま先をまっすぐ(パラセル)にして立った状態から

クッペ(1.2)→パッセ(3.4)→クッペ(5.6)→戻す(7.8)×2セット

パッセ(1.2)→戻す(3.4)→パッセ(5.6)→戻す(7.8)→パッセ(1.2)→ルルベでキープ(3.4.5.6)→戻す(7.8)

パッセをする時に足を無理矢理上げようとするのではなく、お腹から引き上げるように意識するとうまくできます!

※クッペとは軸足の足首につま先がついた形

※()の中はカウント数

練習③フォーカスの練習

フォーカスとは首切りのことです。

まず、左足(右パッセの場合)を前にかけて、クロスターンをします。その時に、ギリギリまで首を残して、体に対して首が前を向けなくなったら一気に首を切って前に戻ります。

イメージは、ポニーテールをしていたら、髪の毛が顔にかかってしまうくらいのスピードを出して首を切ります。見るところは自分の正面だけです。

友達に前で手を使い、目印を作ってもらうとやりやすいと思います!

その他に練習法として

パッセキープ×1回

4分の1ピルエット×4回

2分の1ピルエット×2回

シングルピルエット×1回

1回半ピルエット×2回

ダブルピルエット×2回

と連続でできるようになると、フォーカス上手くなっていきます!

カウントは

1.2で右足を横に出し、手をTモーション

3でプレパレーション

4で手をひらいて

5でパッセにして回る

7で体側に着地

という流れで毎回やります。

ポイントは、自分の向きたい方向をすぐに見ること。

特に1回半では、一度後ろを見てそこから1回回るようにします。

ダブルピルエットも、「2回回らなきゃ!」ではなく、「シングルピルエットを2回回る」という気持ちで行う上手くいくと思います!

まとめ

今回はダブルピルエットの練習法として、「プレパレーション」「パッセ」「フォーカス」の3つについて詳しく紹介しました!!!

安定して回るようになったら、回る時のアームを変えたり、着地をオフバランスにしたり、、、フェッテやアラセゴンドにも繋がってきます。

ひとつずつ丁寧に、確実に、できるようコツコツ努力していきましょう♪

<一つ前の記事>
チアダンスの大会(2019-06-21)
<一つ後の記事>
幼児ダンス教室の選び方

同じカテゴリの記事

大人がチアダンスの習い事!?

大人 チアダンス 習い事 こう並べると、え!?と...>続きを読む

ジャズダンスとは

チアダンス4つのカテゴリー、ポンダンス、ヒッ...>続きを読む

お子さんの習い事にチアダンスはどうですか?

お子さんの初めての習い事、何を習わせようか慎重...>続きを読む

Gravis大会チームROOTS

3月末のUSA決勝大会に向けて、大会チームの皆さ...>続きを読む

玉川大学ダンスドリルチーム『JULIAS』が世界大会で1位!

ジュリアスは2016年と2017年、全米学生選手権大会...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.