大和教室の詳細

相模鉄道本線のキッズダンススクール(教室)まとめ

2023年4月18日

2024年7月4日

路線キッズダンススクールまとめ

相模鉄道本線エリアでキッズダンススクールをお探しのみなさんこんにちは!

相模鉄道本線は、神奈川県横浜市西区にある横浜駅と同県海老名市にある海老名駅を結ぶ相模鉄道の鉄道路線です。

この線は横浜のローカル線ですが、横浜駅まで時間がかかっても20分足らずというアクセスの良さや、落ち着いた雰囲気の地域が多いことが特徴です。

横浜を代表するイメージともいえる港町としての景観とは少し異なり、ゆったりとした雰囲気がお好きな方におすすめな街だと言えるでしょう。

そんな、相模鉄道本線には、横浜駅などの10の駅に、多くのキッズダンススクールがあります。

そこで今回は、相模鉄道本線沿線にあるキッズダンススクール(教室)をまとめてご紹介します!

Gravisインストラクターより
住宅街が広がる相模鉄道本線沿いにはたくさんのキッズダンススクールがあります。ダンスのジャンルも豊富なため、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

ダンスを習うメリットは?

臨床発達の分野でも、子どもたちの脳への効果が注目されている「ダンス」。

ダンスは、子どもたちの「動きたい」「遊びたい」の心を存分に発揮しながら、自己をコントロールするために重要な自己防衛力、自己表現力、コミュニケーション能力など、生きていくために必要な力を学ぶことができるといわれています。

学校の学習指導要領は、10年ごとに改定されていますが、最新の学習指導要領では、子どもたちがなにを学ぶかだけでなく、「どのように学ぶか」「なにができるようになるか」を重視して、子どもたちの「生きる力」を確実に育むことを目指しています。

学校の授業にダンスが加わったのも、最新の学習指導要領が重視している「生きる力」がダンスを通して向上するからだといえます。

さらに、体育の授業の学習指導要領には、以下の7つの能力で形成されるコーディネーション能力の向上という項目があります。

  1. ①選別能力(ものを扱う能力)
  2. ②定位能力(距離や時間を把握する能力)
  3. ③変換能力(状況に応じて瞬時に動きを切り替える能力)
  4. ④反応能力(合図に合わせて素早く行動する能力)
  5. ⑤リズム能力(動くタイミングをつかむ能力)
  6. ⑥バランス能力(バランスを保つ能力)
  7. ⑦連結能力(身体全体をスムーズに動かす能力)

上記のコーディネーション能力は、ダンス以外のスポーツにも活かせることはもちろん、コミュニケーション力、学力向上にも効果があるといわれています。

また、Gravisの保護者の方からは、「運動神経がよくなった」「人見知りしなくなった」「すぐに諦めなくなった」などの声をよくお聞きします!

何歳からはじめられるの?

レッスンの受講ルールは、スクールやクラスによって異なるので、まずはスクールのホームページなどで対象年齢をチェックするか、直接スクールに問い合わせてみましょう!

Gravisの場合は、年少(4月1日の時点で3歳)〜を対象としています。

また、脳科学の視点からみると、脳の機能は領域ごとに発達のピークが異なるそうで、習い事をはじめるのは3歳からがオススメなんだそう。

一般的に9〜12歳で運動神経が急成長し、動作習得もピークに達するといわれているのがゴールデンエイジ期、その手前の4〜8歳の時期を、プレゴールデンエイジ期と呼びます。

このプレゴールデンエイジ期(4〜8歳)の間にさまざまな運動を体験し、「本人が興味があるもの」「夢中になれるもの」を選んで、9歳頃から本格的に取り組むのが効果的ともいわれているんですよ。

ダンスの習い事ってどのくらいお金がかかるの?

ダンスの習い事にかかるおもな費用としては、初期費用(入会金)、レッスン受講料(月謝やチケット)、発表会への参加費などがあります。

まず、ダンススクールの月謝相場は、5,000〜10,000円程度です。

発表会の費用に関しては、スクールや習うダンスのジャンル(種類)によって大きく差があるのですが、おもな内訳としては、

  • ・参加費
  • ・衣装代
  • ・チケット代(ノルマがある場合)

などです。

大体、20,000円〜50,000円程度の費用がかかると思います。

クラシックバレエの発表会は、スクール(教室)にもよりますが、1回の発表会で10万円以上かかる場合もあるようです。

相模鉄道本線のキッズダンススクール(教室)まとめ


お待たせいたしました!
それでは、相模鉄道本線のキッズダンススクール(教室)をまとめてご紹介していきます!

横浜駅

横浜駅は11路線が乗り入れている大きな駅です。

どれかの路線に乗れば都心だけでなく、茨城や千葉、鎌倉まで行くことができます!

アンパンマンミュージアムをはじめ、飲食店や大型商業施設など一見、都会的かと思いきや、海の方には大きな公園があるなどファミリー層にも人気のエリアです!

横浜エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

西横浜駅

西横浜駅周辺には“ハマのアメ横”と呼ばれる商店街や大型スーパーがあり便利な買い物が広がっています。横浜駅までは約3分という立地の良さも魅力的ですね!!

西横浜エリアのキッズチアスクール(教室)まとめ

鶴ヶ峰駅

鶴ヶ峰駅には相模鉄道本線の1本しか乗り入れていませんが、横浜まで16分と近いです!

また新横浜方面や若葉台中央方面にも駅近くのバスロータリーからアクセスできます。

駅周辺には商業施設やスーパー、飲食店なども充実していますが、少し離れると住宅街が広がっていることから、のんびりとした雰囲気が魅力です。

鶴ヶ峰エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

西谷駅

西谷は帷子川が流れる自然の多い街で、ファミリーに人気のベッドタウンです。各駅で横浜駅まで14分で出られるため通勤通学がしやすいところも魅力的です!

西谷エリアのキッズダンススクール(教室)まとめ

二俣川駅

二俣川駅周辺は再開発が進み、駅前には大型マンションや商業施設などが増えていて、便利で住みやすい街です。

駅周辺には「二俣川銀座商店街」や「西友」「ダイソー」「ドン・キホーテ」などの便利な店が多くあるので、生活に必要なものはすべて揃えられます。

また相鉄本線と相鉄いずみ野線が乗り入れているので、横浜駅まで約11分で行くことができる他羽田空港行きのバスも出ているので旅行にも便利ですね。

二俣川エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

希望ヶ丘駅

希望ヶ丘は駅周辺に買い物施設が充実しています。

駅前にスーパー「ロピア・そうてつローゼン」があり、南側の希望ヶ丘町には「ライフ」「ノジマ」「ダイソー」などが入っている「K-1ショッピングプラザ」があります。

街並みは駅から少し歩くと閑静な住宅街が広がっており、緑地や学校が多くファミリー世帯が住んでいるので、昼間は街中の人通りが多いそうです。

希望ヶ丘エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

瀬谷駅

自然が多く残る瀬谷駅周辺は静かな住宅街が広がっており治安の良さからファミリー層に人気です。

横浜駅まで40分、新橋まで48分と都心への行きやすさも魅力的ですね!

 

瀬谷エリアのキッズダンススクール(教室)まとめはこちら!

大和駅

大和駅相模鉄道本線と小田急江ノ島線の2路線が乗り入れています。

2019年11月からはJRと直通運転が開始され、渋谷や恵比寿など都心へのアクセスがより便利になったそうです。

また駅周辺にはなんと11か所の商店街があり、お店によって買い物をしたり、お気に入りのお店を探したりと楽しみながら住むことが出来そうですね。

大和エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

相模大塚駅

相模大塚駅は橋上駅舎となっており、電車の車庫も設置されている駅です。

駅の北側には閑静な住宅地が広がり、南側には県道が通っていますが治安も悪くないようです。

また、スーパーやドラッグストアなど、日常生活に便利なお店も点在しているので、住みやすい街といえるでしょう。

相模大塚エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

海老名駅

海老名駅は2019年11月からは相模鉄道本線がJR埼京線と相互直通運転を開始したことにより、新宿・渋谷・池袋といった副都心エリアに乗換なしで行くことでいます。

また小田急小田原線、相鉄線、JR相模線の3路線乗り入れています。

駅前には大型商業施設があり「ららぽーと海老名」や「ビナウォーク」など買い物に困ることもありません。

海老名エリアのキッズチアスクール(教室)まとめはこちら!

相模鉄道本線エリアまでみんなどんなところから通ってる?

相模鉄道本線沿エリアまで、以下のエリアから通う方が多いです。

横浜エリア・二俣川エリア・海老名エリア

立地やアクセス以外でスクール選びに迷ったら「希望の日時に開講されてるか」先生との相性が良いか」「実績があるか」をポイントに、体験レッスンや見学に足を運んでみてください!

ダンスの習い事でよくあるご質問

キッズダンススクールの子ども

ダンスの習い事をはじめてみたいけど、「何歳からスタートするのがいいの?」「どのくらいお金がかかるの?」など、不安も多いですよね!

ここからは、そんなみなさんの不安を解消できるよう詳しく解説していきます♪

ダンスを習うメリットは?

臨床発達の分野でも、子どもたちの脳への効果が注目されている「ダンス」。

ダンスは、子どもたちの「動きたい」「遊びたい」の心を存分に発揮しながら、自己をコントロールするために重要な自己防衛力、自己表現力、コミュニケーション能力など、生きていくために必要な力を学ぶことができると言われています。

学校の学習指導要領は、10年ごとに改定されていますが、最新の学習指導要領では、子どもたちがなにを学ぶかだけでなく、「どのように学ぶか」「なにができるようになるか」を重視して、子どもたちの「生きる力」を確実に育むことを目指しています。

学校の授業にダンスが加わったのも、最新の学習指導要領が重視している「生きる力」がダンスを通して向上するからだと言えるでしょう。

さらに、体育の授業の学習指導要領には、以下の7つの能力で形成されるコーディネーション能力の向上という項目があります。

  1. ①選別能力(ものを扱う能力)
  2. ②定位能力(距離や時間を把握する能力)
  3. ③変換能力(状況に応じて瞬時に動きを切り替える能力)
  4. ④反応能力(合図に合わせて素早く行動する能力)
  5. ⑤リズム能力(動くタイミングをつかむ能力)
  6. ⑥バランス能力(バランスを保つ能力)
  7. ⑦連結能力(身体全体をスムーズに動かす能力)

上記のコーディネーション能力は、ダンス以外のスポーツにも活かせることはもちろん、コミュニケーション力、学力向上にも効果があるといわれています。

また、グラビスの保護者の方からは、「運動神経がよくなった」「人見知りしなくなった」「すぐに諦めなくなった」などの声をよくお聞きします!

何歳からはじめられるの?

レッスンの受講ルールは、スクールやクラスによって異なるので、まずはスクールのホームページなどで対象年齢をチェックするか、直接スクールに問い合わせてみましょう!

Gravis(グラヴィス)の場合は、年少(4月1日の時点で3歳)〜を対象としています。

また、脳科学の視点からみると、脳の機能は領域ごとに発達のピークが異なるそうで、習い事をはじめるのは3歳からがオススメなんだそう。

一般的に9〜12歳で運動神経が急成長し、動作習得もピークに達するといわれているのがゴールデンエイジ期、その手前の4〜8歳の時期を、プレゴールデンエイジ期と呼びます。

このプレゴールデンエイジ期(4〜8歳)の間にさまざまな運動を体験し、「本人が興味があるもの」「夢中になれるもの」を選んで、9歳頃から本格的に取り組むのが効果的ともいわれているんですよ。

人気のダンスジャンル「チアダンス」をご存じですか?

キッズダンススクールの子ども

学校の授業でダンスが必修となり、子どもの習い事としてもダンスがますます人気になってきましたが、みなさんは「チアダンス」というダンスがあるのをご存じですか?

本場アメリカのチアダンス選手権大会で全米優勝を果たした福井商業高等学校チアリーダー部「JETS」の実話をもとに、広瀬すずさん主演で2017年に映画化、2018年には土屋太鳳さん主演でドラマ化された「チア☆ダン」で注目が集まり、キッズチアダンススクール(教室)が増えつつあるんです♪

チアダンスとは

さて、チアダンスとはどのようなダンスなのでしょうか?

チアダンスとは、チアリーディングから派生したスポーツで、本場アメリカでは「Pom Dance(ポンダンス)」あるいは「Dance」と呼ばれ、独立したスポーツ競技として定着しています。

実は、「チアダンス」という言葉自体は、日本で生まれました。

また、チアダンスは、3つのダンスジャンル(ポンダンス・ヒップホップダンス・ジャズダンス)を約2分の演技のなかで踊りわけるんです!

チアダンスについてさらに詳しく知りたい方は、チアダンスって、どんなダンス?を読んでみてくださいね♪

チアダンスを習うメリットは?

数あるダンスのジャンル(種類)のなかで、チアダンスを通して学べること(メリット)はなんでしょうか?

チアダンスとほかのダンスとで大きく異なる点は、チアスピリット(チア精神)が身につくことだと思います!

チアスピリットには、さまざまな解釈がありますが、日本で全国規模のチアダンスの競技大会を主催している一般社団法人 日本チアダンス協会では、チアスピリットとは「常に笑顔で人を応援し元気づける」こととしています。

ここからは、チアスピリットにも共通するGravisが大切にしていることを詳しくご紹介していきます♪

①挨拶・返事・礼儀が身につく

チアリーダーの「チア」には「応援する」、「リーダー」には「指導者・先導」といった意味があります。

みんなをリードする(お手本でいる)ため、ふだんの挨拶やお返事など、なにごとも自分から率先(先導)しておこなうということを心がけています。

②笑顔・元気・表現が身につく

人を応援するためには、まず「自分自身が笑顔でいることが大切」ということを子どもたちが理解し、そして、そんな子どもたちの笑顔や元気いっぱいに踊る姿をみて、観客や保護者のみなさんも笑顔になれる、という「笑顔の連鎖」が生まれるのがチアダンスの魅力です。

また、実際にチアダンスの競技大会に参加すると驚くかもしれないのですが、通常、ダンス(スポーツ)など順位がつくような大会ではみんなライバル同士だと思います。

しかし、チアダンスの競技大会では、演技をしているほかのチームを客席から応援するんです!

もちろん最終的に順位はつきますが、それぞれのチームが練習してきた成果を発揮できるように、敬意を持って応援し合うんですよ♪

③協調性・チームワークが身につく

チアダンスは「団体競技」でもあり、一人で踊るのではなく、チーム全員で踊りをそろえるため、周りのお友達や先生とコミュニケーションを取ったり、協力したりする力が自然と身につきます。

一人ひとりの得意も苦手もみんなで共有し、ダンスの技術も精神面も、お互いに支え合いながら演技を完成させていく過程は、他者を思いやる心の成長にも繋がります。

④チャレンジする姿勢が身につく

冒頭でもすこし触れましたが、チアダンスは、1つの演技のなかで、3つのダンスジャンル(ポンダンス・ヒップホップダンス・ジャズダンス)を踊りわける必要があります。

そのため、チアダンスのレッスンでは、チアダンス特有のポンポンを持って踊るポンダンス、重心を下げる動きが多いヒップホップダンス、身体を引き上げる動きが多いジャズダンス(バレエ基礎含む)の3つのダンスジャンルをすべて学ぶことができるんです。

このように、身体の使い方が異なるダンスジャンルを踊りわけるためには、やったことがない動きも、失敗を恐れずチャレンジしていくことがとても大切です!

チアダンスは何歳からはじめられるの?

キッズダンススクールの子ども

チアダンスも、スクールによって受講ルールはさまざまです!

Gravis(グラビス)の場合は、年少(4月1日の時点で3歳)〜を対象としています。

基本的に、レッスンは母子分離でおこないますので、子どもたちの集中力、また安全面への考慮からこのような年齢設定をしています。

保育園や幼稚園とはちがい、ダンススクールはあくまで「ダンス」を習う場であること。

もちろんダンスのレッスンを通して、「挨拶」「返事」「レッスンの準備」「お友達との協力」など、普段の生活につながることもたくさん学べます。

ただ、トイレや自分の身の回りのことは、ある程度自分でできるようになってから参加したほうが、お子さまも親御さまも安心してダンスに集中できると考えています。

チアダンスを習いたい!どこに行けばいい?

チアダンススクール(教室)は、「どこで披露するのか」「なにを目指すのか」などの目的によって、大きく3つのタイプにわけられます。

①スポーツジムやダンススクールのチアダンスクラス

はじめての習い事としてチアダンスを学びたい方には、大手スポーツジムやカルチャースクール、ダンススクール内のチアダンスクラスがピッタリ♪

レッスンのなかでは、チアダンスの基本である、身体づくり・アームモーション(チア特有の腕の動き)・テクニック(まわる、跳ぶなどの技)・振付などを習うことができます!

おもな発表の場は、発表会や、地域のイベントに出演する場合もあります。

・まずは楽しくチアダンスを習いたい
・チアダンスの基礎を習いたい
・身体を動かすことが好き

という方は、お近くのスポーツジムやカルチャーセンター、ダンススクールなどにチアダンスクラスがあるか探してみてくださいね♪

②クラブチーム

クラブチームとは、スポーツチームにおける運営形態のひとつで、企業が運営するのではなく、同好の人々が組織をつくり運営する形です。

チアダンスは、大きくわけると競技のチアと応援のチアの2つにわかれますが、クラブチームは、おもに一般社団法人日本チアダンス協会一般社団法人CHEER&DANCE Educationが開催するチアダンスの競技大会に出場することを目的にしています。

競技大会は、日本各地から多くのチームが集まり、パフォーマンス力や技術力を競い合い、日本トップレベルのチームにもなれば、世界大会への出場権利も獲得できるようになります。

さらに大会上位を目指すとなれば、基礎だけではなく応用練習もおこなうため、技術力も精神力も高いレベルが要求され、厳しい練習をすることもあるでしょう。

また、運営費や保護者さまの協力、連携が必要になるため、保護者さまの負担が多くなる場合もあります。

・チアダンスで高いレベルを目指したい
・保護者も一緒に取り組みたい

という方は、クラブチームがオススメです!

③スポーツチーム公認のチアダンスチーム

スポーツチーム公認のチアダンスチームは、競技大会に出場することを目指すのではなく、スポーツ応援のパフォーマンスを学ぶことを目的としています。

チアリーダーとして応援を先導したり、パフォーマンスで会場を盛り上げたり、所属する自チームを支える役割などを学ぶことができます。

それぞれのスポーツやチーム、試合会場によって、チアチームのパフォーマンスの仕方も異なるので、好きなスポーツや地域のスポーツチームにチアチームがあるか探してみてくださいね♪

・スポーツが好きな人
・スポーツ応援のチアがしたい人

という方は、スポーツチーム公認のチアダンスチームがピッタリです!

また最近では、Gravisもそうですが、一つのチアダンススクール内で、大会に出場する選抜チームがあったり、スポーツ応援をするチームがあったり、目的ごとにチームにわけて活動しているスクールも多いです!

チアダンスの習い事ってどのくらいお金がかかるの?

チアダンスの習い事で、おもにかかる費用としては、

①レッスン受講代
・初回の体験レッスン代
・初期費用(入会金、事務手数料など)
・月謝、チケット代

②衣装代
・ポンポン代
・衣装(ユニフォーム)代
・シューズ代

③イベント・発表会参加費
・地域イベントへの参加費
・発表会への参加費

などがあります。

チアダンスの習い事にかかる費用も、スクールやスタジオによって差がありますが、ダンススクールにかかる費用(ダンススクールの月謝相場は5,000〜10,000円程度)と、大きく差はないように思います。

月謝や初期費用は、スクールのホームページなどに掲載されていることが多いので、事前にチェックしておくと安心ですね!

また、発表会の参加費や衣装代は、スクールの方針や発表会の規模にもよりますが、ダンススクール同様に、20,000〜50,000円程度であることが多いです。

【子どもの習い事】チアダンスを習うメリットと費用の詳細をご紹介!の記事では、Gravisチアダンススクールで実際にかかる費用の詳細をご紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね!

まとめ


いかがでしたでしょうか。気になるキッズダンススクールはありましたか?

今回は、相模鉄道本線エリアにあるキッズダンススクール(教室)をご紹介しました!

Gravisのチアダンスクラスが気になった方は、ぜひ見学・体験レッスンに参加してくださいね♪

指導実績豊富な講師たちが、みなさんをお待ちしています!

みなさんにピッタリのキッズダンススクールが見つかりますように☆

【関連記事】
相模鉄道本線のキッズチアスクール(教室)まとめ
海老名(神奈川県)エリアのキッズチアスクール(教室)まとめ
海老名エリアのキッズダンススクール(教室)まとめ
Gravis海老名キッズチアダンスクラス!メンバー募集中!
チアダンスって、どんなダンス?
いま大注目のキッズチアダンスについて徹底解説します!
初めての習い事選び~どんな効果を求めますか?~
【子どもの習い事】ダンスにする?チアダンスにする?
【子どもの習い事】チアダンスを習うメリットと費用の詳細をご紹介!

キッズチアスクールの子ども

Gravis YouTube チャンネル
Gravis Dance&Fitness – YouTube
チャンネル登録おねがいします☆

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎050-3131-1065
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

お問い合わせはこちらから!

-路線キッズダンススクールまとめ
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2018 Gravis Inc.