振り作りの仕方

近年、小学生の夢ランキングに「ダンスの先生」がランクインするような時代になりました。

私たちダンスインストラクターにとっては、非常に嬉しいことです!!

ただし、現状この職種には沢山のワナ?があることを小学生は知っているのでしょうか。。

というのも、ダンスの先生=ダンスを教える仕事=ダンスの振り付けを考える仕事というのが現状です!

ダンスの振り付けを考える仕事をコリオグラファーといいますが、インストラクターとコリオグラファーは本来ならば分類されるべき仕事なのではないかと私は考えます。

さて、その振り付けの仕方、方法、私自身の基本ステップを少し書き出してみます!

①まずは依頼内容(ジャンル、作品分数、人数、レベル、演技する場所時間、練習頻度など)の確認

②イメージする

③音楽をさがす(基本的には常日頃から使いたい曲として集めている中より探す)

④音を編集する(私はACID MUSIC STUDIO10を使用していますが今や無料アプリも沢山出ていますね!)

⑤音を何度も聞いてイメージを具体化する(この時点で思いついた動きやフォーメーションなどを簡単にメモします)

⑥実際にフォーメーション移動とダンスを考えながらメモメモメモ。某人形でダンスをメモする方が周りには多いですが、私の場合文字で書き落とします。(フォーメーション作成も今やアプリが沢山!「disy beat 」←これは簡単に使えそう!)

⑦そのメモしたもの実際にダンサーへ振り付けながら更に構成や動きを変化させることでよりよいものにしていく!

実際のノートはこんな感じ、、、↓

性格がでますね。笑

ダンスの先生になりたい!振り付けをしてみたい!という皆さん!

ぜひ一度こんな方法で振り作りをしてみてください!!

<一つ前の記事>
レッスン時間の配分って?(2019-03-04)
<一つ後の記事>
Gravis 狛江クラス開講!

同じカテゴリの記事

チアダンス一般クラブチームまとめ

2019/03/10   Regina ダンス豆知識

Regina全国大会に出場に備えて、今どんな社会人...>続きを読む

正社員採用

【総合職】 応募資格 *18歳~35歳以下(規定外の...>続きを読む

レッスン時間の配分って?

3月突入!出会いと別れの季節ですねー。 学校や...>続きを読む

ジャズダンスとは

チアダンス4つのカテゴリー、ポンダンス、ヒッ...>続きを読む

POMダンスとは…!?

POMダンスって、聞いたことありますか? チアダ...>続きを読む

© 2018 Gravis Inc.