Gravisの教室一覧

高校生、習い事として始めたいダンス

2020年4月17日

ダンス豆知識

最近はアイドルグループや若手アーティストは、歌だけでなくダンスも必須ですよね!同じくらいの年齢の子がテレビの中でダンスで活躍していると、「自分もダンスできたらなぁ」と憧れる気持ちもとってもわかります!
でも高校の部活に、ダンス部がなかったら習い事として始めるしかないですね!でも、高校生でキッズダンススクールに通うのは、小さい頃から習っている子の中に混ざる抵抗もあります。

今回は、習い事でダンスを始めたい高校生へのブログを書いていきます。

高校生からダンスを始めるのは遅い?

高校生でもダンスを始める人は多いです。むしろ「大学生になって初めてサークルでダンスを始めました。」という人も多いですね!
しかし、部活やサークルのような環境の無い中で初心者でダンスを始めるとなると「どこかのダンススクールに通う」という選択肢が出てきます。
でも、サークルや部活のようにお金をかけずに通えるスクールはほぼなく、始めるには覚悟も必要です。

どんな始め方がいいのか?を今回は紹介していきます。

ダンスの楽しさを実感

ダンスができる人ってかっこいいですよね!?
身近に感じるダンスって例えばどんなダンスでしょうか??
アーティストも歌うだけでなく踊りもこなせるハイレベルなパフォーマンスが目立ちます。
例えば、ドラマで流行った「恋ダンス」のようにみんなが踊れるようなダンスを取り入れていたり、三浦大知さんのように歌も踊りも真似できないレベルのダンスを披露する人がいたり。
それでもダンスに共通するのは、観ていても踊っていても楽しい気持ちになるところかと思います。
ただ、ダンスを上達させたい!かっこよく踊れるようになりたい!も、「ダンスが楽しいから、好きだから」だと思います。
まずは、ダンスを楽しいと思う瞬間を大切にしましょう。
楽しいかどうかは、踊りが上手・下手・やったことある・ないなど全く関係ありません。
誰でも体感できる感覚です。
例えば、YouTubeに載っているダンスの振りを真似してみたり、それこそ「恋ダンス」のようなみんなが踊れる振りを覚えてみたり、アーティストの振りを真似してみたり・・・・
音楽フェスにいって、音楽のノリに合わせて自由に動き続ける。
これもダンスを楽しむ一つかと思います。「ダンスが楽しい」と思える瞬間を実感してみてください!

習い事以外の習得方法

高校生以上の習い事となると、ほとんど大人と同じ扱いになります。
要は「大人のダンススクール」に通えばダンスを習うことができます。
しかし、ダンススクールは少しハードルが高いという方は、最近ではオンラインでダンスを習得する方法が増えています。
ティックトックやInstagramなどのSNSで最近はダンスを教えてもらえることが実は多いのです。
ダンスのステップのやり方、この振付をゆっくりレクチャーなど、、、わざわざスクールに通わなくてもツールは沢山あります。

ダンス習い事とするメリット

しかし、オンラインのレクチャーはあくまで一方通行。
ここをこうした方がいいのアドバイスや先生を徹底的に真似ることも、周りの上達具合も全くわかりません。
スクールに通うと、
・先生の動きを生で感じられる。
・周りの成長レベルも見れて切磋琢磨できる、
・直接触っての指導がしてもらえる。
・スタジオに足を踏み入れること、大音量で音楽を感じることでよりダンスをする環境を楽しめる。
など、メリットがたくさんあります。
特に、ダンスは真似ることから、、見て吸収する力が最も大切ですので、スクールに通うことがおすすめです。

ダンスを高校生から始めたのに活躍してる有名人

SAM(サム)はTRFのメンバーで日本でも有名なダンサー。実はダンスに打ち込み始めたのは高校時代からと、ダンサーにしては少し遅め。
でも、19歳で「全国フラッシュダンスコンテスト」で優勝し、その後単身でニューヨークへ。ニューヨークでは、ストリートダンスに触れたそうです。
あのSAMさんが、高校生から打ち込んだなんて、驚きでした。
そんな、SAMさんがテレビで活躍する姿をみて、生まれた新たなスターがKENZO(DA PAMP)です。
KENZOさんは、SAMさんの踊りをテレビで見て、憧れ中学3年生の終わりからダンスレッスンを受けるようになったとのこと。
高校生から始めても日本のトップで活躍するアーティストはいるようです。

高校生におすすめするダンススクール

ダンススクールと言っても、沢山のクラスを開講していて、好きなだけ受けていいようなダンススクールと、週に1回ダンスを楽しむために通うダンススクールと目的によって選び方は重要です。
上手になりたいなら、もちろん多く通うべきだと思いますが、プロになりたいのに初心者向けのスクールに入ってしまっても、フラストレーションがたまってしまいます。
今回は、お勧めのスクールをあげていきます。

プロになりたい(経験者向け)

経験者専用のダンススクールも沢山あります。

Dance Works
1996年6月、渋谷の宇田川町の小さなスタジオから始まったDANCE WORKS。
経験者専門ダンススタジオとして「本物のダンス」にこだわり、日々ダンサーの皆様に寄り添い、よりスキルアップができる環境を目指しています。
月何回という通い方が出来、沢山のクラスに通うことも可能です。

EXPG
EXPG STUDIOとは、アーティストを目指したい方、ダンス、ボーカル、演技、全ての表現者=エンタテイナーを育成していく本格的なスクールです。
クラスも入門から上級まであり、オーディションに合格しないと進級できません。
更に高いレベルを目指したい方は、進級を目指します。

ダンスを踊って楽しみたい(初心者向け)

初心者のためのスクールももちろん沢山あります。
こちらも抜粋して、ご紹介します。

ETCダンススクール
ETCの入会者の大半はダンス初心者です。ビギナークラスが充実し、初心者の指導に長けた講師が丁寧に楽しく教えます。
関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)に10校を構え、「学ぶ楽しさ」「踊る喜び」をモットーに、ダンスレッスンを展開しています。

REIダンススクール
初心者と言っても、男性に見られるのすら恥ずかしい、、という方にピッタリな、女性限定のダンススクール。
DanceWorksと姉妹のダンススクールです。

ダンスにはどんなジャンルがあるの?

ダンスにはたくさんのジャンルがあります。一概にダンスを習いたいんだ!と言って、スクールに行っても、ジャンルによって想像もしていなかったダンスジャンルも出てくると思います。
ものすごい数の種類があるので、一概には言えませんがいくつか紹介していきます。
ダンスの種類(ジャンル)は、分け方によっては50種類以上あります。
ストリートダンスといわれる、ストリートで踊られてきたダンスとそれ以外にも分かれます。

【ストリートダンス】

ロック(LOCK)

鍵をかけるという、ロッキンやロッキングとも呼ばれますが、カチッと止まるポーズが印象的です。
芸能人・有名人だと、Da PumpのKENZOさん、ISSAさんとか、(元)SMAPの中居さんが踊るようなダンスです。

ポップ(POP)

ポッピンとも言って、筋肉がはじくような動きをします。手や身体のウェーブの動きが印象的で、ロボットに似たような動きにも見えます。
マイケルジャクソンのムーンウォークもポップの代表的な動きの一つです。

ブレイキング(BREAKING)

ブレイクダンスですね、地面で回転したり、逆立ちで停止したりアクロバティックにも見えるダンスです。
ヘッドスピンも代表的な動き。
芸能人でいうと、ナインティナインの岡村さんや、佐藤健さん、古川雄輝さんなども踊っていますね!

ヒップホップ(HIP HOP)

様々なスタイルがあるので、定義するのは難しいですが、HIPHOPのリズムで踊る動きを呼んでいます。有名人は、EXILEや三浦大知さんなどが披露しているダンスですね。

ハウス(HOUSE)

ハウスは、ハウスミュージックで踊るので、ハウスと言い、テンポの速い音楽に合わせた細かいステップが特徴的!
TRFのSAMさんはハウスをよく踊ります。

【その他のダンス】

ジャズ(JAZZ)

バレエを基礎とした、ミュージカルでも踊られるようなダンスです。
有名人でいうと、安室奈美恵さんのダンスもジャズダンス。

バレエ(BALLET)

クラシックバレエは、古典芸術で舞台芸術です。
有名なバレエダンサーは、熊川哲也さん、森下洋子さんなど・・・!

コンテンポラリーダンス(CONTEMPORARY DANCE)

自由なジャンルというのでしょうか。独特な表現をします。

タップダンス(TAP DANCE)

タップシューズを履いて足音を鳴らすダンスです。タップダンサーで有名人と言えば、HIDEBOH
北野武さんの座頭市にも登場します。

社交ダンス(BALLROOM DANCE)

ペアで踊る競技ダンス、芸能人でも経験者が多い印象です。
ウリナリの社交ダンス部として、昔ウッチャンナンチャンが挑戦していました。芸人のキンタローさんも社交ダンスで有名です。

チアダンス(CHEER DANCE)

映画・ドラマ「チア☆ダン」でも話題になったチアダンス。
詳しく知りたい方は、チアダンスとはをご覧ください。

高校生から始めるのにおすすめのジャンル

最もメジャーなダンスは、ジャズダンスやヒップホップダンス。
初めて習うなら、ベーシックなヒップホップかジャズダンスが初心者のクラスも多く開講しているのでお勧めします。
でも、自分がどんなジャンルを踊ってみたいか目指すものを見つけていけたらいいと思います。

高校生からダンスを始める、おすすめの通い方

高校生から、ダンスを始めるとして、色んなスクールがあります。
月謝制で通うダンススクールは、毎週同じ時間にレッスンに固定で通うスタイル、チケット制なら月に何回という回数のみ決まっていて好きな時に通えるスタイル、
高校生は、基本的に固定でも通いやすいはず・・・!
でも、もしダンスの他に部活もあるなどであれば、なかなか部活後に通うのは気合もいりますよね!
であれば、チケット制で通えるダンススクールにいくことをお勧めします。

ダンスと言っても、いろんなジャンルがあり、通いかたもそれぞれ・・・
自分に合ったスタイルで、ダンスに挑戦してほしいです!!

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎080-9452-4152
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

-ダンス豆知識
-, , , , , ,

同じカテゴリの記事

ダンスのテレビ番組

2019/07/12   ダンス豆知識

本格的に梅雨になりましたね。 雨の日はとても憂...>続きを読む

チアダンス「ポンポンの作り方」

2018/09/19   ダンス豆知識

こんにちは! チアで使う【ポンポンの作り方】み...>続きを読む

初心者でキッズダンススクールに通うなら・・・!

2019/12/27   ダンス豆知識

皆さんはダンスの動画を何でどんな調べ方をして...>続きを読む

ジャズダンスとは チアダンスの4つのジャンル〜その3〜

2019/03/19   ダンス豆知識

チアダンス4つのカテゴリー、ポンダンス、ヒッ...>続きを読む

チアダンスのタンブリング

2018/08/02   ダンス豆知識

© 2018 Gravis Inc.