Gravisの教室一覧

東京の有名なバレエ教室はどこ?~目的によって通う教室が変わる?~

2023年11月24日

バレエ

子どもからバレエを習いたい!と言われたら近場でバレエ教室を探すことが多いかと思います。

しかし、近場にない場合や評判が良くないこともあります。

そもそもバレエは個人教室バレエ団付属バレエ学校など、様々な種類の教室があることをご存じですか?

そこで今回は、バレエ教室の種類やメリット・デメリット東京都内の有名なバレエ教室を見ていきましょう!

バレエ教室の種類や違い

バレエ教室といっても種類や違いなどあるのでしょうか?

大きく3種類に分けたのでみていきましょう!

個人運営の教室

個人運営の教室は一人もしくは何名かの先生が一つの教室を作り、教えてくれます。

バレエ専用のスタジオなので週1~毎日通うことができます。

教室によっても違いますが、発表会時は保護者のお手伝いが必須な場合が多いです。

発表会の規模にもよりますが、子どもたちのお世話など多い印象です。

しかし、大変ながらも発表会のお手伝いを行った保護者からは「楽しかった」「同じ教室のお母さんと話す機会ができて良かった」などという声も多く聞こえてきます。

バレエは特殊な習い事なので、知らない世界を知ることができるのも良いことですね。

スポーツジム(フィットネスクラブ)のバレエ教室

スポーツジムの中に様々なスポーツを習うことができます。

他のスポーツでもバレエのスタジオを使用するので、週1~多くても週2までのレッスンになります。

週に1~2回なのでもっとたくさん習いたい場合は、スポーツジムの別店舗でも習うことができることもあります。

スポーツジムのバレエ教室での発表会は、保護者のお手伝いは必要な場合があります。

保護者のお手伝いは発表会の時期に先生から声をかけられることがあるようですよ。

バレエ団附属バレエ学校

バレエ団附属バレエ学校は、文字の通りバレエ団が運営しているバレエ教室です。

バレエ団に所属しているバレエダンサーが講師として教えてくれる場合もあり、プロの踊りを学ぶことができます。

バレエ団が持っているスタジオでレッスンするので週2~毎日レッスンすることができます。

発表会は教室によって様々ですが、バレエ団付属ですとバレエ団専属の音響さんや舞台技術さんがいてすべてを団員で行います。

保護者のお手伝いはほとんどないようなのでメリットとも言えますね。

習う目的によって教室選びが変わる?

人によって習い事をする目的は様々です。

しかしバレエは目的によって教室選びが変わることをご存じですか?

どんな目的があるのかみていきましょう!

プロのバレエダンサーになりたい

大手バレエ団附属バレエ学校に通っている人はバレエ留学や海外で活躍している人が多い印象があります。

バレエ学校に通えば必ずプロバレエダンサーになれるとは限りませんが、練習量が多かったりバレエ団付属なので発表会も本格的です。

またバレエ団附属バレエ学校に所属している人は、その後もバレエ団で活躍している人が多いです。

将来有名なバレエダンサーとして活躍したいと思うお子さんや保護者の目的があれば、大手バレエ団附属バレエ学校などに通うことも視野に入れると良いかもしれません。

好きなことを見つけて欲しい

「成長過程で好きなものを見つけて欲しい」「子どもが興味を持った習い事がバレエだった」という人は、バレエを仕事にするわけではないので自宅近くの通いやすい教室が良いです。

そこから子どもが本格的に通いたいと思うようになったのであれば、教室を移籍することもできますし、さまざまな方法があります。

子どもが急に辞めたい、別の習い事がしたくなった・・・などと言い出すこともあるでしょう。

バレエ団附属の教室に通っていたのに急に辞めたいといわれるより、自宅近くの教室に通っていた方が、保護者の気持ちは楽なのではないでしょうか。

スタイルが良くなってほしいなどの身体的理由

「スタイルが良くなってほしい」「姿勢が良くなってほしい」などの理由でバレエを習おうかなと考えている人も、自宅付近の通いやすい場所がおすすめです。

近所のバレエ教室やスポーツジムのバレエ教室など送迎しやすい場所だと大きくなってから一人で行くことができます。

また、もしレッスンが物足りなくなってしまったら通う日数を増やしたり、教室を移籍することもできるのでプロバレエダンサーになりたいという思いがそこまで強くない子は、近所のお子さんに合うバレエスクールを見つけてあげたいですね。

都内の有名なバレエ教室

都内の有名なバレエ教室をみていきましょう!

バレエ団附属バレエ学校

チャイコフスキー記念東京バレエ学校
東京シティ・バレエ団付属バレエ学校
松山バレエ団付属松山バレエ学校

東京で有名なバレエ団はたくさんありますが、その中でもよく検索されているのがチャイコフスキー記念東京バレエ団・東京シティバレエ団附属バレエ学校・松山バレエ団付属松山バレエ学校です。

母体にバレエ団を持ちつつ、バレエ学校も開校しています。

バレエ学校というと中学・高校などと同じバレエ専門の学校があると思いがちですが、日本にバレエ専門の学校というものはなくバレエ教室と同じ位置づけです。

個人運営の教室

バレエの個人運営の教室は、意外にも近場にたくさんあることはご存じでしょうか?

インターネットで検索すると膨大な量のバレエ教室がでてきますのでここでいくつかに絞り切ることはできませんが、ホームページを持っていない教室もあるのでその数は想像以上にあるでしょう。

近所で探すのであれば、バレエを習っているお友達に良い教室を聞いてみるのも良いですね。

大手スポーツジムのスクール

皆さんもよくご存じのスポーツジム「コナミ」「ゴールドジム」「セントラル」

こちらはキッズスクールとしてバレエ教室があります。

大手なので発表会なども何校か集まって行うので規模も大きく、見ごたえがありそうです。

スポーツジムだけに様々なところにあるのでとても通いやすく、希望の時間帯でレッスンを受けることもできそうですね!

通っている教室が合わなかった場合

バレエを習っていて自分に合っているのかな・・、子どもに合っているのかなと思ったことはありますよね。

他の教室に移籍する場合なども含めてみてみましょう!

他の教室に移籍する

子どもにクラスのレベルがあっていないので、留学などに力を入れている教室に移籍する(レベルを上げる)場合とレッスン内容が難しくて移籍する(レベルを下げる)という2パターンがあります。

自分に合うレベル・レッスン内容を求めて移籍すること自体は決して悪いことではないと思います。

どちらも子どもにとって良い方を選択することが大事です。

先生やクラスを変える

先生も生徒も保護者も人間ですから、合う・合わないは当然あるので合わなかった場合、他にクラスがあるのなら移動することも可能です。

しかしその場合は先生に失礼な伝え方、傷つける伝え方はしないことが大事です。

バレエ自体をお休みする

通っている教室が合わなかった場合、バレエ自体をお休みするという選択肢もあります。

教室によっては休会といっていくらかを毎月支払い、名前だけ所属するという選択もあります。

やめることを視野に入れていない場合は休会という形でも良いですね。

【バレエの半額!】チアダンスでバレエの基礎が学べるってホント!?

実は、チアダンスは、3つのダンスジャンルを約2分の演技のなかで踊りわけるという特徴があることをご存知でしょうか?

そのため、チアダンス1つで、様々なダンスに触れることができる唯一の習い事です!

  • ポンダンス(ポンポンを持って踊るダンス)
  • ヒップホップダンス
  • ジャズダン(バレエ基礎)

さらに詳しく知りたい方は、チアダンスって、どんなダンス!?を読んでみてくださいね♪

バレエとチアダンスの共通点とは!?

まずは、バレエとチアダンスの共通点を以下の比較表を参考に見ていきましょう!

身体的にも内面的にも、身に付くスキルはほとんどと言っていいほど変わりません。

唯一の違いは、習い事に必要なアイテム数や費用の差だと言えます。

また、ターンや決められたポーズの名前など、専門用語もバレエとチアダンスは共通しているんです!

ダンスのジャンルに迷ったら、まずはチアダンスがおすすめ!

一口にダンスと言っても、バレエやチアダンスをはじめ、ヒップホップやジャズダンスなど、様々なジャンルがありますよね。

お子様の可能性を引き出すためにも、まずは、あらゆるジャンルを経験してみることがおすすめです。

しかし、そのためには、各ジャンルのレッスンが受けられる教室を探し、月謝もその分必要になります。

現実問題、まずは、どのジャンルかに絞ってレッスンを受けることになるでしょう。

そういった課題を解決できるのが、チアダンスの習い事です!

上記でも書いたように、チアダンスは3種類のダンスジャンルから構成されているため、1つの習い事で複数のダンスジャンルを経験することができます。

チアダンススクールは、体験レッスンや見学も随時行われているスクールが多く、敷居の高いイメージがあるバレエに比べて、気軽にレッスンを体験できるのも魅力です。

まずは、お近くにGravis(グラビス)教室があるかチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、有名なバレエ教室や目的によって通う教室が変わることをお話ししました。

様々な形態の教室がある中で一番はお子さんが楽しくバレエ教室に通えることなので、保護者が自分の子どもにあっているか見極めることが大事ですね!

また、習い事として人気のバレエですが、チアダンスは、バレエやその他ジャンルを、バレエの約半分の費用で、まとめて習うことができるのがメリットです。

ぜひ、「キッズチアダンスに興味がある」という方は、気軽に見学・体験レッスンへお越しください!

みなさんにピッタリのスクール(教室)が見つかりますように☆

【関連記事】
バレエをリーズナブルに学ぶ!安い教室と高い教室の違いや費用を抑える方法
みんなが憧れる!!バレエをやっている人の特徴やトレーニング方法!!
【子供のバレエに最適】チャコットでおすすめのレオタード4選!
【子供のバレエに最適】シルビアでおすすめのレオタード4選!
港区のバレエスクール(教室)まとめ!
品川区のバレエスクール(教室)まとめ!
池袋エリアのバレエスクール(教室)まとめ!

Gravis YouTube チャンネル
Gravis Dance&Fitness – YouTube
チャンネル登録おねがいします☆

Gravis
📩info@gravis-dance.co.jp
☎︎050-3131-1065
Instagram@gravis_dance_fitness
Facebook@gravisdancefitness
Twitter @Gravis_Dance

お問い合わせはこちらから!

 

-バレエ
-, , , , , , ,

同じカテゴリの記事

© 2018 Gravis Inc.